RINOG
11
please try again.
please try again.

ウェットカーテン冷却システムの設計応用

【概要の説明】

ウェットカーテン冷却システムの設計応用

【概要の説明】

詳細

風机ウェットカーテンシステムは温室内の1種の経済的で効果的な空気調節方式です。湿ったカーテンの温度を下げるのは外部の高温の空気が浸水して湿ったカーテンを通り抜けて、湿りを増して温度を下げて、冷たい風を形成します;冷風が温室を通過し、温室内の余熱を吸収して外に排出するプロセス。この過程は二つの段からなっていて、前段は冷たい風が形成され、後段は冷たい風が部屋の中で熱交換される。

湿らせたカーテンは設置時に一枚ずつつなぎ合わせて作られたもので、湿らせたカーテンの底には支持があり、その面積は湿らせたカーテンの底面積の50%を下らない。このように湿らせたカーテンが長期使用の過程で凹まないことを保証できる。湿らせたカーテンの底部は、底部の水槽の水に浸かってはいけません。冷却システムが作動している時、それはまだ浸潤状態にあり、その結果、湿った部分の藻類とカビの繁殖を招きます。水供給システムを使用すると、ウェットカーテンの高さは2 m以下、ウェットカーテンの厚さは100mm~150mmになります。

最適な冷却効果を得るために、ウェットカーテンの給水量は常にウェットカーテンの最上階面積ごとに60 L/min;乾燥した高温地域なら、給水量を10 ~ 20%増やすのが適当だ。給水システムは濡れたカーテン全体に水が均一に濡れるようにしましょう。排水管には2.5 ~ 3.5 mmの穴が開いており、穴の間隔は30 ~ 50 mm。穴を上にして、水をウェットカーテンのフレーム内板に直接噴射する。上部に設置された疎水式カーテンは、ホースから噴出する水を上部の両方に誘導し、蒸発式カーテンを均一に浸潤させます。

給水量はポンプの選択と給水システム上のバルブによって調節することができ、水がぬれカーテン全体に均一に濡れるように調節すると同時に、細い水の流れが波紋に沿って下流に流れるように見える。

水の質と水循環率はウェットカーテンの成功の鍵です。少なくとも毎週、水システム全体をきれいに洗浄することで、不純物の蓄積を取り除くことができます。

藻類は日光にさらされると特に長期間湿ったシートの表面に繁殖します。藻の繁殖に問題が生じたら、一日に一度、濡れたカーテンをしっかり乾かしましょう。できれば、濡れたカーテンで日よけをしましょう。

藻類やその他の微生物の繁殖を制御するための生物学的薬剤を使用することができます。通常の薬剤の約4分の1です。塩素と臭素もぬれカーテンの洗浄に使用することができますが、いずれも長時間大量に使用することにはよくありません。短時間処理の濃度は3 ~ 5 ppm(100万分の1)、連続処理の濃度は1 ppmで臭いと藻の繁殖を制御できます。

未処理の地上水をぬれカーテンシステムに使用してはいけません、それは常に大量の栄養物を含んでいるため、藻とカビの繁殖を引き起こしやすくて、水道水を使用するべきです。

良好なメンテナンスは濡れたカーテンの温度を下げる効率を確保して、その使用寿命を延長する最も良い方法です。

濡れたカーテンの状態をチェックし、特に表面の垢や藻の繁殖状況に注意しましょう。

水槽と循環器を定期的に洗いましょう(通常は週に1回)。

濡れたカーテンは毎日乾かさなければならない。たいていの場合、ポンプが停止してから30分後にファンを止めると、湿らせたカーテンが完全に乾くので、藻の繁殖を抑えることができます。

湿らせたカーテンの底は長期間水に浸かってはいけません。湿らせたカーテンは水をスポンジのように吸い上げ、藻やカビの繁殖の原因になります。冷却システムが停止したら、シンクにたまった水が空になっていないかチェックしてください。

もしぬれカーテンは密閉環境に使用して、かつ長期に湿った状態にあるならば、それはすぐに異臭を発生して藻と細菌が湿った表面に繁殖することを招きます。給水システムを止め、30分以上ドライヤーを作動させ、濡れたカーテンを乾かします。

タンク、タンク、水循環システムおよびポンプの搬入口を清潔に保つ。水循環システムがきれいでないと、濡れたカーテンの表面に藻や水垢ができるように制御することが難しい。タンクは蓋をして直射日光を避けましょう。

スマホで確認するにはQRコードをスキャンしてください

RINOG
phone

(86)18020778831 (WeChat同じ番号)

add

アモイ市湖里区高崎南五路212号604

 

ページ著作権すべて © 2019 鑫晟欣(厦門)農業工場技術有限会社. 闽ICP备14000345号-1 サイト建設:www.300.cn